経済

整いました‼

投稿日:

私の中で状況は整いました。

今回は、世界の今後を考えてみたいと思います。

 

昨日、参議院選挙を自民公明が勝利しましたね。

これは何を意味するのか?

それは、株価の上昇です。

選挙で現政権が継続するとなると、株価は上昇するというアノマリーがあります。

 

視点を変えて、米国に目を向けてみましょう。

米国では、今月末にFOMC会合があります。

ここで、利下げが決定されることになれば何が意識されるでしょう?

そうです。

株価の上昇です。

 

・・・・状況は整いましたね。

 

世界は、株の上昇に向かって行くでしょう。(たぶん・・・投資は自己責任で)

これは、不況になると言われている中で何を意味するのか?

そうです。

最後の一上げです。

 

政府は量的緩和により金融市場にお金を流す。

その結果、株価を押上、企業業績は上がったように見える。

企業は賃金を上げ、政府は税収を上げる。

すると、世の中がインフレになっても国民の負担は少なく、世の中は回る!

っという仕組みです。

 

しかし、企業が賃金を上げなかったらどうなるでしょうか?

政府は量的緩和をして金融市場にお金を流しているのだから、税収は増やします。

しかし、その状況で企業が賃金を上げなければ・・・。

正確にゆうなら、企業は賃金を上げられない・・・のかもしれません。

何故なら、株価が上がったところで、生産しているモノは売れていないからです。

政府の考えと企業の考えにギャップが生じ、私たちの生活を圧迫していきます。

 

これをふまえ世界最大のヘッジファンド、レイ・ダリオ氏は言っています。

「量的緩和は持続不可能・・・」だと。

 

政府と企業のギャップが更に広がれば・・・

私たちの生活は苦しいものになるでしょう!

何故なら、殆んどの人が企業から賃金を貰う従業員だからです。

 

さぁ、話を戻しもう一度考えてみましょう!

金融市場にお金は増える。

企業は、モノが売れなく、業績が上がらない。

金融市場に、溢れかえったお金は何処へ向かうのか?

 

私は数年前からここに焦点を当てています。

暗号資産(旧仮想通貨)は昨年バブルになり一度崩壊しました。

もう一度バブルになる(お金が向かう)可能性はあります。

しかし昨年お金が向かわなかなったモノがあります。

金銀(貴金属)です。

 

金銀は絶対量が決まっていると言われています。

量が決まっているモノに対し、金融市場のお金は増えています。

それなのに、価格が上昇しないというギャップ・・・矛盾。

最近価格は上昇し始め、正常な状態に戻ろうという兆しが見えます。

 

ブログでは、この対策について伝え考えることを言ってきました☆

皆さんはどんな世界を見ているのでしょうか?

今後何が起きるのか?

楽しめるぐらいの余裕をもって行きましょう!(^^)!

-経済

Copyright© 夢と笑顔 〜自給自足への道〜 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.