農業

分けつしない理由、判明しました。個性ではなく、私のミスです。

投稿日:

皆さんこんにちは、鈴忠です。

こないだ分けつしない理由個性で片付けてしまいましたが、よ~く考えてみたところ、個性はあり得ないなぁ、、、という結論に至り、再度考えてみたところ、ボンヤリと答えが見えてきたので、今日はそんなところを書きたいと思います。(好きです。ちどりで植えた、この模様。)←前回のブログ(゚д゚)!

まず、米ぬかの成分

早速ですが、昨年と今年で田んぼに対して何をしたのかを考えてみたところ、昨年は田んぼに何も撒かずに、田植作業に突入していったのに対し、今年は各田んぼに、一反歩当たり約100㎏の「米ぬか」を撒いていたことを思い出したので、米ぬかの成分について調べてみました。

  窒素(N)% リン酸(P)% カリ(K)%
米ぬか(生) 2.7 2.3 1.8
もみ殻 0.3 0.03 0.3
牛ふん 2.2 1.3 2.4

となっています。

このことから、米ぬかは、牛ふんと比べても引けを取らないくらいの成分が含まれていて、特にリン酸が多く含まれているとうのが分かります。

生の米ぬかを使う弊害

上記表からも分かるように、米ぬかは栄養価が高いということが分かります。逆に言うと、その分、虫や微生物も好んで食べるので、虫が集まりやすいということも言えます。

この虫が集まりやすい機能を利用したのが、堆肥の発酵。米ぬかは発酵を促す促進剤として昔から利用されているので、その用途に使うのには有効でしょう。

比較、私の田んぼは?

私の田んぼを見てみると、分けつが進んでいる所進んでいない所が見て取れます。

進まない所

 

進んでいる所

ノートを読み返し、作業日程を確認してみたところ、面白いことが分かりました。

確かに、各田んぼに一反歩当たり約100㎏の米ぬか(生)を撒いてはいるのですが、分けつが進んでいる所昨年の10月~11月米ぬかを撒いており、分けつが進んでいない所」では今年の2月~3月撒いていたのです。

つまり、分けつが「進んでいない所」では、発酵が遅れ、土の中で弊害が起きていると推測します。文献を見てみると、発酵していない未分解の状態のモノを多く入れすぎると・・・病害虫の発生に繋がるリスクが高く肥料の効果も遅く窒素飢餓を起こすとのことです。

では、対策は?

対策は、上記の事を考えると・・・水を切り、窒素の吸収をあげる。さらに、風の通りを良くして苗を気持ちよくさせる。かな~なんて思っています。

まとめ

  • 米ぬかを生のまま田んぼに撒くのは、リスクが高い。
  • 撒くのならば、ボカシにしてから撒く。若しくは、10月ぐらいに撒いてしまう。

失敗は気づきをくれる。失敗は成功の基。そんな言葉を胸に、今日も農作業したいと思います。

失敗しながら、ドンドン経験値をあげていきたいと思いま~す☆彡

 

-農業

Copyright© 夢と笑顔 〜自給自足への道〜 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.