心理 哲学 趣味

人は自己イメージによって行動し、その自己イメージは『未来』から作るもの。

更新日:

お米がイイ感じに仕上がってきているのに、続く雨で稲刈りに入れないもどかしさから、その思いを何処にぶつけてイイのか分からず、『自己啓発モード』に突入した鈴忠です。

っということで今日は『自己イメージは未来から作る』についてバッキバキの自己啓発について、書いてみようと思います。何気に生きていく上で重要な話ですので少しだけお付き合いください。

では早速。

「今」に縛られていないか

「今」を認識することは、変化をするための重要なプロセス。

「今」が固定されたものだと信じてしまうと「これからも変わらない人生が最高に幸せだ」と思い込んでしまいます。

しかし、宇宙が固定されていないように、世界も固定されていないように、あなたも固定されてはいません。

※常に変化し続けています。

高パフォーマンスの人たち

高パフォーマンスの人たちは知っています。「今」は一時的なものであって、世の中は常に変化しているっということを・・・だから新しい「今」を築き続けなければいけないっということを・・・。

高パフォーマンスの人たちは知っています。運命を呪ったり、誰かが変えてくれることを望んだり、宝くじが当たったりすることを期待せず、「自分の力」で変化しなければいけないっということを・・・。

この考えに基づけば、テストは、これまで学んできたこと(過去)を測る「これまでのあなた」であって、未来の可能性を測る「これからのあなた」ではないっということです。

そしてテストの結果(過去)を自分の”真実”だと受け入れてしまえば、自分はそういう人間だと思い込み、それ以降行動できなくなってしまいます。

つまり、過去の物差しで「今」をみれば、あなたは思い込みにより固定され、未来からの物差しで「今」をみれば、あなたの可能性は無限大だということです。

信じる力

信じることを変えれば、結果がついてきます。

信じることを変えれば、人生をどう生きるか変える事が出来ます。

過去の固定観念という壁を築いているのは「あなた自身」です。

自分をその状態にとどめているのは、自分がそれでいいと信じているからです。

壁を壊せるのは「あなた自身」の考え方です。

未来からの物差しで、今の行動を変えていきましょう。

米農家鈴忠 Instagram


#ほとんどの人は過去の物差しで今をみている
#未来の常識は今の非常識
#子供に伝えたいこと
#本当の価値
#米農家鈴忠
#インフレ対策
#自給自足

-心理, 哲学, 趣味

Copyright© 夢と笑顔 〜自給自足への道〜 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.