餅をつくときは「9の付く日(※苦しむ)」と「仏滅」は避けるべし!ということを、近所のおばちゃんから教わったので、大安の日に餅をついた鈴忠です。

さて、今日は2022年も残り僅か、ということで「2022年の振返りと2023年にやりたいこと」を書きたいと思います。

では早速。

【2022年を振返る】

いよいよインフレが本格化。2022年の目標設定!(2021.11.12)でも書きましたが、

今年の目標は、

  • ぼかし肥料を作る➡1月に達成
  • ビニールハウスを作る➡2月に達成
  • 蓄電池を買う➡6月に達成
  • 籾摺機を買う➡6月に達成 ※1
  • 米選機を買う➡6月に達成 ※2
  • 色選機を買う➡8月に達成 ※3
  • 田んぼを5反歩増やす➡9月に達成

※1モミを玄米にする機械 ※2コメの大きさを選別する機械 ※3コメの色を選別する機械

すべて達成!!

今年は...玄米でも食べられるおコメを目標に機械を購入しました。流れはイイ感じです☆

ではでは、来年の2023年は何をするか❓ですが、、、

【2023年にやること】

  • コンバイン(稲刈機)の購入➡9月達成予定
  • 5年かけて磨きあげた独自の栽培法をまとめておく
  • 離農者が増えるので対策を考える
  • 繋がりを強化する
  • インフレと不景気が顕著化してくるので余剰資金をとっておく
  • 設備投資から生活費への移行

2023年は、5年かけて整えてきた設備投資も終わり、次のステップへと入ります。

次のステップの大枠は、『日本の食料』

消費者目線で考えると、今後インフレが進むとともに、金利上昇が本格化してくるので生活費が圧迫されていきます。

すると、贅沢品を排除し、生活必需品の需要が高まります。

逆に生産者目線で考えると、燃料費高騰(電気・ガス・ガソリン)と肥料価格高騰が農業従事者の経営を圧迫し、離農者が増加していきます。

つまり、需要があるのにもかかわらず、買えない。もしくは、供給が出来ない。ということが起きる可能性があります。

つまり、「食料不足」も考慮する必要があるということです。

なので2023年の重要なポイントは・・・

贅沢品の支出を抑え、その分生活費に充てるとともに、万が一に備え「農家との繋がりを持っておく」は結構重要なポイントになりそうです。

体力のある農家は、不景気がやってきても生産を増やします。

なぜなら、入念に準備してきたからです。私も入念に準備をしていた一人です。

今年は昨年に続き、米・食味分析鑑定コンクールでベストファーマーの認定を受けました。

地元でも「プレミアムいわきライキ」の出荷の基準をクリア(※生産者5名)し、認定を受けました。

品質と価値を、年々上げてきた私のお米で、健康に気を使いながら、今後来る確率の高い危機を乗り切って行きたいと思います。

【追記】

地元の魚屋さんに正月に食べるブリを注文したら、ブリの他に鯛とマグロを頂きました。

昔はこのお裾分けが普通にあって、コミュニティーが成り立っていたんだろうな~と考えさせられます。

今はスーパーが主流だけど、食糧危機が来たら、この繫がりが強い力を発揮しそうです!!

なんてことを、再確認しちゃいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です