ポートフォリオリバランスは起こるのか?

債券王のガントラック氏は

市場はあまりにも長い間低金利、低ボラティリティに慣れてしまっている。

この株安は大荒れに発展し、数日では終わらない。

長期金利がさらに上昇して3%を超え、30年物国債金利が3.22%を超える時、何が起こるかは明らかだ。

と言っている。

 

つまり、値幅の少ない低ボラティリティ状態では、投資家は利回りを良くするため多くポジションをとっている。

しかし、一度市場が崩れだすと、高ボラティリティ状態に変わっていく。

この時、投資家はポジションを減らす。

なぜなら、少ないポジションでも利益が得られるため。

リスクを減らさなければいけない。

 

現在、金利はガントラック氏が言っていた値を超えてきた。

この高金利に対し、市場は株を持ち続けるのか?

ポートフォリオリバランスは起きるのか?

市場が債権を安全資産だと思えば起こるだろう。

4 Replies to “金利上昇 〜リスクとリターン〜”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です