心理 お金の仕組み

ラットレースとは

投稿日:

今日は、ラットレースについて説明したいと思います。

ラットレースについては、ロバート・キヨサキ氏が自著の中で語っていますので、それを私なりに噛砕いて説明したいと思います。

ラットレースとは?

普通の家庭を見てみると、子は学校に行き、その後就職します。勿論公務員でも、医者でも弁護士でも同じです。

働けば安定したお金を貰うことが出来ます。すると子は、今まで貰ったことのないお金(初任給)を手にし、胸を弾ませながら買い物に出かけていきます。

自由に使えるお金は、毎月働くことによって手に入り、そのお金で友達と遊んだり、恋人と旅行に出かけたりします。

数年間働き余裕が出来ると、結婚願望が芽生えてきます。

数年後、運命の人との出会い、結婚。その後は、子供が出来、車を買って旅行に出かけ、家を建てて最高の幸せを感じます。

しかし、ここで大きな罠にはまります。

家や車は一括で払えない為、親はローンを組み更に働くようになります。更に働いた結果、収入は増えますが、支払う税金も増えてしまいます。

殆んどの人は、税金について何も考えていない為、手取りはさほど増えません。

働く時間だけが増え、収入はそれ程増えません。それでも殆んどの人はまだ気付かずに、収入を増やそうとします。

しかし、中々増えない貯蓄への不安。更に貯蓄が増えない中、子供の大学資金、自分たちの老後資金の準備が必要になってきます。

親は、会社の為・税金の為・ローンの為・生活の為・子供の為・老後の為に一生懸命働きます。

この不安を解消するため、退職までフル回転で走り続けなければいけません。

疲れ切った親は子にこう言います。「お父さんお母さんみたいにならない様に、良い成績をとって、良い大学に行って、良い企業に就職しなさい。」と・・・。

親は良かれと思って言っているのですが、全く本質をついていません。

親は、お金について一生何も学ばず、ただ我武者羅に働き続けます。

これがラットレースです。

纏めると世の中の殆んどの人が、このラットレースの中で生活しているということです。

自分がラットレース内を走り続けていることに『気付けば』抜け出すことは可能ですが、殆んどの人はラットレース内で生活してることさえ気付いていません。

今後、「気付く人」と「気付かない人」で生活水準は大きく変わるでしょう。この差は年収の差となって、富裕層と貧困層の差は更に広がっていきます。

皆さんも、ラットレースの外側で生活することを意識しましょう☆

-心理, お金の仕組み

Copyright© 夢と笑顔 〜自給自足への道〜 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.