お金の仕組み 経済

本当の価値

投稿日:

今日はお金の価値について、おさらいしたいとおもいます。

以前『金と銀』で書いたように、

 

「金(ゴールド)は、の通貨 

 銀(シルバー)は、教養のある者の通貨

 物々交換は、労働者階級の通貨。 

 負債は、奴隷の通貨。」

 

各国の中央銀行が印刷している不換紙幣は、借金を増やすシステム。

つまり、私たちが使っている通貨は、

奴隷の通貨」ということになります。

 

負債(奴隷)の通貨は「単なる道具です。

生活をするために必要な、「単なる道具でしかありません。

負債の通貨を集め、お金持ちになることに意味はありません。

 

奴隷の通貨は、国の信用が無くなればその価値は減価されていきます。

将来そのリスクは高い確率でやってくると思います。

・・・と話しました。

 

近い将来、紙幣は紙幣本来の価値に戻ります。つまり・・・紙です。

各国は経済を崩壊させない為に印刷しているだけなんです。

 

ブログを書いている理由は『ブログの目的』をもう一度読んでみてください。

そして、ブログの上に小さく書いてある文字【本当の価値を求めて】を見てください。

 

単なる道具を本物の資産と思い込み、本当の価値が何かわからない人たちが今後一掃されていきます。

だから私たちには知識が必要なんです。

 

2016年の記事ですがロスチャイルド卿の言葉です。

これは世界市場、最も壮大な貨幣の実験だ。われわれは羅針盤のない海上を進んでおり、極端な低金利の予期せぬ副作用を予言することは不可能である。

一方で経済成長は精彩を欠いたままであり、先進国のほとんどの地域で弱い需要が ※ デフレをもたらしている。

デフレについては、『金融崩壊が実体経済に影響を与える』を参考にしてください。

-お金の仕組み, 経済

Copyright© 夢と笑顔 〜自給自足への道〜 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.