心理 哲学

岐路

投稿日:

人生

人生でもっとも悲しいこと・・・それは、死ぬ間際に人生を振返って後悔すること。

これだけは、避けたい。

わたしは間違いなく、100%そぅ思いながら生きている。

自分の人生に、言い訳はない。

なぜなら、人生というゲームの主役はわたし(あなた)自身だからだ。

もし、人生に多くの不満があるなら、その問題は、わたし(あなた)にある。

望み通りの人生を送れるのは、ほんの一握り。

ほとんどの人(95%)は理想とする人生を諦め、今の人生で妥協する。

この差は何か?っと考えると、

それは・・・

『未来を掴みに行く人』or『それ以外の人』

の違いだろう。

後者の多くは、なるべくラクな道を選び、一日をやり過ごすことに集中する。

目の前の快楽(欲)に支配され、成長に伴う痛みや不快感を避ける。

一方、『未来を掴みに行く人』には正確なビジョン(将来像)がある。

そのビジョンに向け、今を生きる。

一握りの人は知っている。

今の行動が、未来を造ることを・・・。

その行動の責任は、自分にあることを・・・。

人生はいつでも変更可能だ。

生きる

わたしが生きていく上で一番重要だと思うもの。

それは、成長に伴う痛みや不快感を受け入れること。

植物と同じように、人間も生きている。成長は地球上で生きていく上での必須事項。

それを、止めようとすれば弊害が起きる。

「成功のレベルが人間としてのレベルを超えることはめったにない」

つまり、人間としての成長レベル(人間力)が成功レベルを決める。人間力を超えて成功することは出来ないっと言うことだ。

わたしの成長レベル

30代は家族を守りつつ、勉強と資産に力を入れている。以降、40代は30代で築いた資産で自由に気ままに生き、子育てを楽しむ。50代は夫婦2人の時間を楽しむ。60代は子へ引継ぎ、第2章へ突入する。ってな感じで行こうと思っている。

いずれにしても、これらを支えるのは、わたしの心だ。心という土台をしっかりと育て、成長していこうと思う。

-心理, 哲学

Copyright© 夢と笑顔 〜自給自足への道〜 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.