心理 お金の仕組み

Rich【リッチ】

更新日:

「リッチ」と言う言葉を聞いて皆さんは何を思い浮かべますか?

リッチ=「お金持ち💰」

を思い浮かべる人がほとんどだと思います。

しかし、本当の意味は違います。

リッチ=「豊か」です。

心が豊かな人は、リッチな人です。

つまり、

お金を持っていなくても心が裕福(リッチ)なら、死ぬまで裕福。逆に、お金持ちでも心が貧乏なら、死ぬまで貧乏。ということです。

まずは、これを押さえてください☆

 

では、話しを変えて、世の中でお金を稼ぐ方法を見てみましょう。
お金を稼ぐ方法は以下の3つです。

  1. お金でお金を生む方法(株式投資等のギャンブル)
  2. 企業に勤める方法(会社で仕事をする)
  3. 付加価値を生み出す方法(物事に対し新しい見方、新しい考えを持つ)

 

1.について
【株式投資はギャンブル。絶対儲からず、絶対に手を出してはいけない。これで儲けたいと思えば思うほど深みにハマり、抜け出せなくなり損をする。ただし、余っているお金でなら可】

2.について
【仕事とは、社会のために個人が持っている機能を提供するボランティア。それは、社会に参加している証であり、その対価として給与 (安定)がある】

3.について
【ニーズ(問題)を発見して解決する。そこから付加価値が生まれる。ポイントは抽象度を上げること。】     
・ニーズとは、「必要なもの」ではなく「問題」を解決すること。
・抽象度を上げるとは、物事を高い視点で見ること。

お金を稼ぐには、大きく分けると上記の3つしかありません。

その中で、自分は何処にいるのか?もう一度考えてください。

今後必要になるのは、間違いなく「3番」の考え方です。

国は副業を解禁し、その先に待つのは「個の時代」す。

情報を自分で取得し、自分の生き方を見つけ、自分のGDPを上げていく。この生き方が必要です。

 

本当のお金持ちは、お金をほとんど持っていません。お金を「道具」としてとらえ、世の中の役に立つように使ってあげます。

それが国の発展にもつながります。

 

究極は、収入と支出のバランスがとれていればいいんです。収入が多くても、少なくても問題ではありません。

家庭や自分の収支バランスをとり、リッチな心を持つこと。

この考えが、金融恐慌時の道標になります。

 

ポイントは、「バランス」「豊かな心」です。

重要な考え方なので、頭の片隅に記憶していてください!(^^)!

 

 

-心理, お金の仕組み

Copyright© 夢と笑顔 〜自給自足への道〜 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.