経済

バブル崩壊は何処から?

投稿日:

バブル崩壊は何処から始まるのか?

バブル崩壊を考えた時まず頭に浮かぶのは中国です。

何もかもが自由な国がある一方、中央集権的な国があります。

何が一番正しいのか?それは、わかりませんが・・・中央集権的な国は、政治や経済の事まで決めようとします。

そして中央集権的な国は、幾度となく潰れてきました。

今の中国はどうでしょう?(日本も?)

中央集権的な政治は、統制がとりやすく決裁のスピードも速く、経済が成長しているときはとてもいいシステムです。

しかし、経済成長が止まってしまったらどうでしょうか?

中国は今その時期に来ています。今まで多くの借金により、成長を前借してきました。

しかし、そのつけを返す時が来ています。

問題は先ほども言ったように中国経済は負債(借金)により成長してきたことです。

前回の「太陽光発電」で言うなら、増強剤により成長してきた状態です。増強剤で体にムチをうって走れば、必ず副作用がでます。

中国もそのことを理解しているため、多くの金を購入して基礎体力の強化をしているのでしょう。

アメリカは中国に対し関税をかけています。

更に金融引き締めにより資金が世界から引き上げられています。

この資金は、新興国から順に引き上げられていくと以前話しました。

つまり、金融引き締めを続けている限り、中国の方が先に潰れてしまうのではないか?ということです。

その時、シャドーバンキングの問題が再燃したら・・・

2年前になりますが、ソロス氏曰く

銀行の信用創造のほとんどは、不良債権や赤字企業の延命のために使われている。これを、先延ばしに出来るかもしれないが、信用バブルは恐ろしいスピードで成長し続けている。中国の不動産バブルは、皆が思うより遅れてくる可能性がある。被害は遅れて現れるものだ

とのことです。

いずれにしても、問題はこれらが私たちの生活、実体経済にどう影響するかです。

以前話したように各国に残された選択肢は僅かです。「2019年以降の株暴落の先に・・・

それでも対応できない場合は・・・対策は万全にしておきましょう☆

※ シャドーバンキングについてのリンクがあったので貼っておきます。【シャドーバンキング

 

-経済

Copyright© 夢と笑顔 〜自給自足への道〜 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.