今日は、不況時の楽しみ方について考えてみたいと思います。

前回「B/S縮小は何を意味するのか?」で書いた通り、借金は増強剤(レバレッジ)です。

好況時には大きくプラスに働き、不況時は大きくマイナスに働くと話しました。

つまり、バランスシートを借金により拡大していくと、不況になった際は、その付けを返さなければいけないということです。

拡大が正常で無借金の場合は、バランスシートから得られるキャッシュフロー(現金)で投資が可能です。つまり、不況になっても心配はいりません。

しかし、キャッシュフローが少なく、借金により投資を拡大している場合、その返済と利子が大きな負担となります。

この時、金利が上昇すれば一瞬で借金は返済不能となりバランスが崩れます。

つまり、倒産・自己破産の危機となります。

もし借金が返せなければ、銀行に担保としていたモノを差し出さなければいけません(゚Д゚;)

ここまでくれば、不況で得する人損する人。誰が安全で誰が危険か?分かったと思います。

リスクの少ない人(国・会社)とは、バランスがとれていて、次の対策が打てる人です。

この観点から、不況時に経済が順調なのは何処か?不況時に対策が打てる会社は何処なのか?

これらを、考えておくことは重要な対策となります。

不況になる・・・年金が貰えなくなる・・・生活が苦しい・・・などと不安になる人がいますが

これらに支配されている時間は無駄です。(>_<)

何故なら、その対策を考えればいいだけだからです☆

方法がわからない???

いえっ・・・解決する方法が見えていないだけです(@_@)

解決策は無数にあります。

何故なら以前書いたように「見ている現実はウソ」だからです。

みんなが不況だと言っても、全員が不況かと言うとそうではありません。ある人にとっては好況でもあるのです。

重要なのは考えることです(^^)自分にあった対策を考えてみてくださいね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です