心理

夢と笑顔⑧

投稿日:

「慣れ親しんだ場所」

 

今回は慣れ親しんだ場所(コンフォート・ゾーン)についてです。

 

慣れ親しんだ場所」は、居心地がよく

安心で、快適な領域です。

人は慣れ親しんだ場所や環境では、とても居心地がよく、

逆に、初めての場所、慣れない環境では、居心地が悪くなり

早くここから抜け出したい」という気持ちになります。

 

新入社員や人事異動で新しい環境が、その典型的な例です。

また、席替えやクラス替えも居心地が悪いのは、

このコンフォート・ゾーンから外れてしまったためです。

 

コンフォート・ゾーンから外れ緊張状態になるとと、

運動能力やIQも下がり、ミスも増えます。

実力があるのに結果を出せない原因の一つ

この「慣れ親しんだ場所」が関係しているのです。

 

では、これを防ぐにはどうしたらいいのでしょうか?

結果を出すべき本番前に、

慣れ親しんだものに変えてあげればいいのです。

試験の雰囲気にのまれやすいなら、試験慣れしておく。

入試で緊張してしまうなら、学校説明会に足を運ぶなど、

その環境に慣れておくことが、結果に繋がります。

 

また別の方法として、想像力を駆使するという方法があります。

これは、俗にいうイメージ・トレーニングです。

 

一流の選手は、一流のイメージ・トレーニングが可能です。

将棋の世界でも、スポーツの世界でも、研究者の世界でも

みんな一流の人は、未来をイメージし、その道筋をたてます。

これが、時間は「未来から現在に流れている」ということとつながります。

https://tadamitsu.com/archives/228

 

私たちも、目標や夢を設定し、

時間の流れを「未来から現在」変えて、

その道筋をたてていきましょう。

そうすれば、今自分は何をしなけれがいけないのかが、わかってきます。

 

 

 

未来をイメージするのに必要なのは「言葉」です。

https://tadamitsu.com/archives/345

言葉」をフル活用して、「映像」と「感情」をつなげ目標を設定してください。

自分の「慣れ親しんだ場所」を「目標や夢」に書き換えて、

楽しい生活を送りましょう。【タイム・イズ・ライフ♪】

-心理

Copyright© 夢と笑顔 〜自給自足への道〜 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.