福島から世界へ

東日本大震災、津波そして原発事故。

あの爆発を見た瞬間「ヤバッ!」と感じたのを覚えています。みなさんはどうでしょう。

ガソリンを入れるのに長蛇の列に並んだり、食べ物が売っていなかったり、日用品がなかったり、モノが届かない。水道が壊れている。+放射線。これにより、人は避難し、街全体がゴーストタウンとなりましたよね。

全国ニュースで流れていたのを覚えています。

あれから・・・7年。

福島も息を吹き返してきました☆

活気が戻ってきています♪

廃炉作業を行うため多くの事業所や人が福島に来ています。

廃炉作業と並行して「福島新エネ社会構想」を実現するべく、こちらにも多くの事業所や人が派遣されています。

福島は今、原子力発電所から作り出されていたエネルギー使用から再生可能エネルギー使用への転換点を迎えています。

皆さん!これを意識してくださいね。

国はオリンピックに向け福島から再生可能エネルギーを送ろうと計画しています。更に2040年、福島は再生可能エネルギー受給100%を目指しています。

原子力事故を経験した福島だから、世界に「脱原発」「再生可能エネルギー需給100%」を発信していく意味があるんです。

 

と言うわけで、私もオリンピックに電力を送ります。もちろん再生可能エネルギー(太陽光)です。

そして、先日第一発電所が完成しました。

太陽光の目的は、オリンピックに電力を送る。福島新エネ社会構想の一因になる。インフレへの若干の対策です。

https://tadamitsu.com/archives/490

脱原発

今後とも応援よろしくお願いします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です