経済

点と点を結ぶと線になる。国の借金とコロナはインフレを加速させていく。

投稿日:

今日は「未来」について書いてみたいと思います。

私は「将来こういう未来が来るんだろうなぁ」と思う時があります。しかし、それが「いつ来るのか?」まで予測することはできません。でも、確実に来る未来です。

たとえば、政府債務(国の借金)

下記は、1890年から2019年まで日本の債務残高の推移です。

右と左で同じようなグラフになっています。

1941年から1945年の第二次世界大戦中に、ハイパーインフレが発生し、預金封鎖や新円切替、財産税を経て国は借金をチャラにしました。つまり

終戦後債務急上昇インフレ預金封鎖財産税等債務帳消し

です。

今はというと、戦争(可能性はゼロではない)ではなく代役として『コロナ』が採用されているように思います。

今後大量にお金が印刷され、天に駆け上がるように政府債務が伸びていく可能性は高い。つまり

コロナ債務急上昇インフレ預金封鎖財産税等債務帳消し

中央銀行が出来ることは無い。玉切れ後の世界を予想する。

コロナ時の需要と供給

次に考えたいのが、『コロナ禍での需要と供給の関係』です。

今世界で蔓延してきているのが、コロナの中でも「デルタ株」といわれるもので、感染力が強いと言われています。

「デルタ株」の感染率は、ワクチン接種者と非接種者で変わらないとのデータも出てきていることから、「ワクチンを打てばかからない」という考えは、いったん白紙に戻す必要があります。

この知識を、ほとんどの人が得ることはありません。インターネットやTV(テレビ)で情報が流れない(アナウスされない)限り、感染爆発を止めることはできません。

感染爆発により多くの人は、出勤を制限されます。つまり

デルタ株で感染爆発自宅待機工場や生産現場ストップ供給不足物価上昇(インフレ)

です。

新型コロナとワクチン接種

まとめ

コロナ感染爆発自宅待機工場や生産現場ストップ供給不足物価上昇(インフレ)量的緩和債務急上昇預金封鎖財産税等債務帳消し

ここまでを一連の流れで把握しておいて下さい。

対策は練って来ました。準備は万端、後は傍観者です。この時期が来るのを待ちましょう。

私は『お米作り』に専念します。更に美味しいお米(作品)を求めて、日々実験していきますので、楽しみにお待ちください♪

米農家鈴忠

-経済

Copyright© 夢と笑顔 〜自給自足への道〜 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.