いただきモノの「そば粉」で蕎麦打ちに挑戦したら、床にそば粉をまき散らし、妻に完全に呆れられた鈴忠です。※2日間に渡って、そばを打ちまくったので「腰の痛み」を発症しました。打ち過ぎ注意!!

#蕎麦打ちに挑戦 #そば粉を床にまき散らす #そば打ち過ぎ注意 #腰痛になる #ほどほどに #インフレ対策 #自給自足 #米農家鈴忠 #正月まで冷凍

さて今日は、「好きな事をしろ!のポイントは、熱エネルギー」で書いてみたいと思います。個人事業が大企業から身を守るためのポイント的なことです。

では早速・・・。

有機はファンを作ってから

先日、農林事務所で「有機ほ場の土壌分析」をするため土を採取しにきました。土は筑波へ送られ、後日分析結果が届きます。

それより「有機農業」について県の農林事務所の方に話を聞くと、県は有機農業の人口を増やしたいということ。

ただ、需要と供給の関係で言うと、私の肌感としては、そこまで『有機』は求められてはいない。

今求められているのは、「どこの誰々が作ったものだから食べたい!」というファンビジネス。(この順番を間違えてはいけない)

有機だから売れる!!は、『生産者の勝手な考え』と『公務員の数字目標』で・・・大切なのは、最高の品質で美味しいものを届るという熱(エネルギー)。

新規農業者も増えてきて、いい流れになっているので、その部分の先導はしっかりとやってほしい。

#有機 #土壌分析 #農林事務所 #新規農業者 #需要と供給 #スタグフレーションの戦い方 #最高の品質 #インフレ対策 #自給自足 #米農家鈴忠 #福島県

上記はInstagramにて配信したものですが、一言でゆうなら「目先の利益にとらわれず、しっかりとした土台を作る」ということ。

土台を作る

大企業(強者)と個人(弱者)で考えると、戦い方は異なります。

強者は大量にモノを作る事が出来るので、価格を安く設定でき、弱者は、その価格で勝負することは出来ません。価格で勝負しようものなら、その先に待っているのは、確実なる死です。

同じ規格で高品質のモノを大量に作るの大企業に、熱(エネルギー)は必要ありません。求められているのは、効率です。

しかし、それは『モノ』であって『作品』ではありません。弱者が強者に勝つためのポイントは「熱(エネルギー)」と「作品(商品)」になりそうです。

大企業と同じ空間を生きるのであれば、「想い」という石と「熱」という土で、頑丈な土台を作る必要があることは知っておいても良いでしょう。

とにもかくにも

「熱」の裏付けとなるものは、高品質な作品(お米)です。

トライ&エラーを繰り返し楽しみながら、高品質な作品(お米)を作って行くとともに、ブログの目的でもある、多くの人がインフレやスタグフレーションから身を守る!という「想い」も達成していきますので、今後ともよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。