経済

ゴールドの価値と国債のリスク

投稿日:

ゴールドの価値

この前、有名投資家ジム・ロジャーズ氏の言葉を『アメリカの金利が急上昇』の中で「債券市場」の見解を紹介しました。

今日は金(ゴールド)についてです。

これも、2年前の言葉なのですが・・・今後訪れる可能性の高い

インフレ時の参考になるはずです。

 

ロジャーズ氏は当時(2年前)

ゴールドは最終的にバブルになる。ただ、まだ買っていない。

と言っています。更に、

市場の混乱が広がり、多くの人がドルに逃避するようになる。
ドルは安全通貨ではないが多くの人はそう考える。
そしてドルは更に上がり過大評価され、それに吊られゴールドは下落する。
 そうなれば、ゴールドを買うことになる。

つまりゴールドはバブルになる前に、底になる可能性が高いということ・・・

投資には安全なものなどない。
 だが多くの人はゴールドを安全資産だと考え下落はないと信じている。
 しかしゴールドは下落し、もう二度とゴールドは買わないと言い出すだろう。
 ゴールドに裏切られたと・・・

そして

数年の内に人々はゴールドへの熱狂から覚め、ゴールドは嫌われた資産クラスとなるだろう。
 私はその時、ゴールドを恐らく買うだろう。

 

これが、2年前のロジャーズ氏のゴールドへの見解でした。

そして、この時期が少しづつ近づいてきているような気がします☆

以前ブログ『金と銀』で紹介したように、現在は5段から6段の間です。

まもなく、6段目に突入していきます。

 

国債はリスク資産へ

2019年の『バーゼルⅢ』により国債はリスク資産となり、各銀行はこの規制により国債を買いにくくなります。

つまり、各銀行はこのルールにより国債とは別の資産で、皆さんの預金を運用しなければならなくなるのです。

日本の国債よりも、数字上安全な資産で皆さんの預金は運用されるようになります。それが、このルールです。

目を国債に戻すと・・・では日本の国債を買うのは誰でしょう?・・・たぶん・・・日銀です。

財政ファイナンスへの突入?を感じます。

金利が上昇し、国債を買う機関がいなくなれば・・・日銀が無尽蔵にお金を刷って対応するしかありません。

日本はオリンピックの成功に向けて・・・6段目へ突入です。

 

以上、上記は1つのシナリオです。

あくまでもこれは1つのシナリオで、他のシナリオも考えられます。

皆さんも多くのシナリオを考えて、どの状況が起きても対応できるよう対策を練っておいてください(>_<)

 

-経済

Copyright© 夢と笑顔 〜自給自足への道〜 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.