趣味

『正直者が馬鹿を見る』から『正直者が得をする』へ

投稿日:

今日は、正直者が馬鹿を見る時代は終わりに近づいている!という事についてです。

まず『正直者が馬鹿を見るとはどんな意味かというと、悪賢い者がずるく立ち回って得をするのに反し、正直な者はかえってひどい目にあう。という事です。

 

この言葉を今の時代に照らし合わせると、

勉強では、一生懸命時間を使い勉強し不合格になる人もいれば、カンニングをして合格をする人もいる。

お金に関して言えば、勉強をし世の中のために税金を使う人もいれば、お金を隠し持ち税金を逃れ脱税する人もいるということです。

これらは、似ているようで全くの別物です。

表があれば、裏があります。しかし、裏を行けば常に不安が付きまといます。

幸福度』で話しましたが、不安や恐怖が上昇すれば、幸福度は下がります。

そんな人生では全く面白くありません。

しかし、正直者が馬鹿を見る時代は少しづつ終わりに近づいているような気がします。

 

何故か?・・・

それは、今後AIが急速に発展していくことが考えられるからです。

セキュリティが整備され人工知能が発達していくに伴い、人は更に快適な暮らしを求めるようになっていきます。

快適な暮らしを手に入れるためには、個人の情報を提供するようになるはずです。

個人の情報を基に信用は数値化され、生活のあらゆる面で、数値化された信用が関わってくると考えます。

これが正直者は得をする時代の始まりとなります。

 

これが『情報時代の働き方』で話した『個人の時代』への入口です。

依然、今後貧富の差が益々拡大していくと言いましたが、

これも、肉体労働」「事務労働」「頭脳労働の3つに分けて考えると簡単です。

肉体労働は低所得層、「事務労働」は中間所得層、頭脳労働は高所得層となります。

この内「事務労働」がAI に変われば、中間所得層は肉体労働頭脳労働を選択することになります。

 

つまり、肉体労働でロボットと競い低所得層となるか、頭脳労働で道を切り開き高所得層になるかです。

因みに農業は肉体労働ですが、私は農業を好きでやっています。趣味の一つです。

農業は今後頭脳労働者」最高の贅沢に変わっていくと確信しています(>_<)

 

また話がそれましたが、今後は正直者が得をする時代が到来します。

そんな時代に必要なのは、自分の頭で考える力です。誤魔化せば見破られ信用は下がります。

ブログで何度も言っているように、重要なのは考えることです。『夢や目標』を持ち達成するために考えることです☆

人生は一度きりです❕楽しんでいきましょう‼

-趣味

Copyright© 夢と笑顔 〜自給自足への道〜 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.