最近息子が「悪魔の実(ワンピース)」にハマり始めたので、慌てて「強い悪魔の実ランキング30位」を検索し、子供との会話を楽しんだ鈴忠です。

※ちなみに「ゴムゴムの実」は7位でした。

さて、今日は本格的に上がり始めた電気代や農機具について、過去を振返りながら、今までとってきた行動について、まとめておこうと思います。

では、早速。

ブログの目的

2018年2月にブログを始めて、その一発目に書いたのが「ブログの目的」です。

今後来る「経済災害」「自然災害」「戦争」に備えるため呼びかけるとともに、自分の行動を実現化していくために書きはじめました。

国の借金が膨大に膨れ上がれば、上記のような事態が発生するのは歴史の流れで、2012年のアベノミクス以降その流れは顕著化し、2018年には確実なものとなりました。

確信的となれば、次は「ハイパーインフレ」や「スタグフレーション」が視野に入ってきます。

つまり、最終的にお金は価値を失う。

じゃ、価値のあるモノって何だっけ?と言うことで・・・「自給自足」。

その過程をブログで書いています。

土台

スタグフレーションとは、「不景気+インフレ」。つまり、賃金は上がらずインフレが進行する状態。

賃金が上がらないなら、自分で収入を上げるしかない。(家族を守るため)

考え抜いた結果、世の中のためになり、賃金上昇も可能なモノ。

「再生可能エネルギー」=「太陽光」となりました。

2018年から3年掛け、計6基(私:3基、妻:2基、妻の会社:1基)の太陽光発電施設を作り、土台を気付きました。

太陽光発電 第1ステージクリア

屋根&野立て、太陽光設置。

方向転換

方向転換 農業へのシフト

「土台作り」から「食糧確保」へシフトチェンジ。

2020年のコロナパンデミックから流れが変わり、国の借金は更に増加しています。

いよいよ最終段階に入ったと認識し、食糧に重点を置き始めました。

物流が止まり、補助金を増やせば、需要と供給のバランスが崩れるのは当たり前。

なので農機具を整え、お米の品質を向上させ、作付け面積を増やしています。

さらに、昨年は蓄電池を導入し、電気の自給自足も整えてきました。

電気料金の上昇分を、蓄電池で相殺させる。生活費のひっ迫は、やっぱり自給自足が鍵。

今後とまとめ

ここから先は、備えてきたモノをフル活用です。

この災害を無風で、とまでは行かなくても心地よい風と捉え、爽やかに切り割いていきたいと思います。

こうやって過去を振返って見ると、よく実現化してきたなと思います。

まだまだ道半ば、思考を実現化して行きます。

そして楽しく自由に生きて行こうと思います。

これからも、米農家鈴忠をよろしくおねがいします!!m(__)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です